修復・保存・装幀・複製 伝統的な技法を生かす 株式会社大入
お問い合わせ 会社概要 主な事業案内 経師 トップページ
保存製品-保存箱
保存箱について
【材質】
アーカイバルボードまたはAFハードボード
PH8.5の弱アルカリ性で特種製紙製の炭酸カルシウムを含有しています。

【容器の特製】
・保存する史料によって、無酸 アルカリ無し (無酸・無アルカリ・無サイズ)が必要な場合は、内部構造をPH7.0とした材質を使用します。

・調湿が必要な史料を保存する場合は特種製紙製SHCシート(調湿機能紙)を用い、容器に気密性を持たせることにより桐箱のような、調湿保存箱を作製します。

・資料の形態、状態により最適な形状を提供します。
掛け軸、屏風、衝立、額、和本、革装本、布、新聞紙、雑誌、看板、ポスター標本、鞍、等々 当社の取り扱う保存資料は、千差万別、それぞれの形状・用途に対応し、保存容器を機能させます。
修復の流れ | 修復例 | 保存製品 | 装幀の種類 | 縮緬本 | 複製品の製作
← 大入 トップページへ
Copyright© 2017 Oiri All Right Reserved     サイトマップ